α版ソースコード

きわめて見通しの悪いソースコードですが、何かの参考になればと思い、恥を忍んで公開します。改変・再配布ともご自由にどうぞ。

なお、ここで配布しているアーカイブに含まれているのは、Rubyで書かれたソースコード(DarkHall本体+外部ライブラリ)と言語リソース、exerbのレシピファイル(darkhall.exy)のみです。その他のファイル(音声、画像、設定ファイルなど)はすべてWindowsバイナリ版に含まれています。

ダウンロード

ソースコードから実行まで

  1. ruby mswin32版の1.8系列と、Ruby/SDLをインストールする。どちらも最新版を推奨。Ruby/SDLにRubyインタープリタが同梱されたパッケージを利用すると安心です。
  2. Exerb をインストールする。rubyのバージョンに対応したコアが入ってないとダメなようです。
  3. コマンドラインからexerb darkhall.exyを実行。
  4. 実行ファイル(darkhall.exe)完成。
  5. lang_decrypter.rb をrubyで実行。これで lang/japanese.ini から lang/japanese.dat が作られ、言語リソースが利用可能になります。
  6. DarkHallのWindows版アーカイブをダウンロードし、展開。
  7. 展開したファイルの中にある darkhall.exe および japanese.dat を、上記ステップで作成した新しいファイルで上書きする。
  8. 完了。darkhall.exeを起動してみてください。

そのほか注意点

Dice (wiz@morphball.net)